プロフィール
中島事務所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年08月26日

資本金

いつも、ありがとうございます

この暑さ

陸上は、大変ですが

水泳は、見ていて気持ちがいいですね

お元気ですか?

今回は、資本金です


初めて、会社を作られる方から

ときどき質問されるのが、

資本金は、使わずに、

おいておかないと

いけないのかという事です


使うための元手ですから、

おいておく必要はありません


会社は、仕入をしたり、経費を払ったりする為に

お金が必要です

このお金を、どこから用意するかというと

銀行などから借りる借入金があります

この場合、利息を付けて返す必要があります


その他に、仕入代金を翌月に支払うまでの買掛金

経費を翌月に支払うまでの未払金

何ヶ月か後で支払う支払手形等があります

利息を払わなくてもいいのですが

代金が高くなることがあります

こういう支払わないといけないモノを

負債と言います


これに対して、資本金は

返す必要はありません

株主から、これを元手に経営してくださいと

任されるのが、会社の役員です

株主は、利息はもらえませんが

もうかったときには、配当金をもらえます


もうけが会社にたまってくると

株の値段が、払い込んだ金額より

高くなってきます

払い込んだお金は、返してもらえないので

他人に、株を売ることによってお金に換えます


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

年金記録や確かな納付の記録がない方々について、

公正に判断する仕組み(「年金記録確認第三者委員会」)

がスタートしました

詳しくは、こちらの法令新着ニュースを

ご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/

" target="_blank">http://www.nakajimajimusyo.jp/  

Posted by 中島事務所 at 20:57会社を作ろう!

2007年08月18日

東京裁判

いつも、ありがとうございます

お盆も終わりましたね

お元気ですか?


ケーブルテレビで東京裁判を見ました

太平洋戦争の事なども、よく知らないので

間違って、とらえているかも知れませんが

なかなか勉強になりました


従業員などが間違ったことをした場合に

非を責める事に躍起になってしまうことが多いのですが

時々、夜に七転八倒しながら、ああでもないこうでもないと

考えて、相手にも、やむを得ない部分があるとか

自分に非はないのか?

正しくは、どうあるべきかとか考えたりもします

翌朝、相手も反省していて、

変に怒らなくて良かったなと思うことがあったりもします


間違いに目をつぶり、正しいかどうかも別にして

将来、うまくいくためには、どうすればいいのかと

言うような考え方は、したことがありませんでした


感情や気分からすると不愉快で、むつかしいですが

建設的で大事な事かも知れませんね


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

債権の発生や譲渡を電子記録によって行うための

電子記録債権法が成立しています

詳しくは、こちらの法令新着ニュースを

ご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/" target="_blank">http://www.nakajimajimusyo.jp/  

Posted by 中島事務所 at 12:07その他

2007年08月12日

準正

いつも、ありがとうございます

お盆ですね

ふる里で、ゆっくりと

過ごされている方も多いでしょうね


今回は、準正(じゅんせい)の話です

結婚して生まれた子供が

嫡出子(ちゃくしゅつし)です

結婚していないで生まれた子供は

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)で

相続の取り分が嫡出子の半分です


認知されている子供の父母が

結婚すると、嫡出子に変わります

婚姻準正と言います


認知されていない子供の父母が結婚してから

認知しても、嫡出子に変わります

認知準正と言います


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
前回の確定申告の消費税額が

48万円を超えている場合

中間申告の必要があります

詳しくは、こちらの法令新着ニュースをご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/


" target="_blank">http://www.nakajimajimusyo.jp/  

Posted by 中島事務所 at 18:24会社を作ろう!

2007年08月05日

会社の減価償却費

いつも、ありがとうございます

昨日は、ゆかた姿の人が多かったですね

花火を見に行くのでしょうか

お元気ですか?


今回は、会社の減価償却費です

個人と、会社では取扱が違います

個人の場合は、償却率で計算した金額が、

そのまま減価償却費として経費になります


会社の場合は、決算書の減価償却費を

いくらにするかは、会社の自由です

たくさん償却した方が、利益は少なくなります

税金が安くなるかというと

そうでもありません


償却率で計算した償却限度額を超える金額は

利益にプラスして、所得を計算します


プラスされた金額は、来期以降、

決算書の減価償却費が償却限度額より

少ない事業年度に、不足額を限度として

利益からマイナスされます


ですから

償却限度額と同じ額を減価償却費としても

それ以上を減価償却費としても

税金は変わりません


逆に、償却限度額より少ない場合は

会社の利益は増えますが

不足額は、利益から引いてもらえません

この場合は、税金は増えることになりますが、

不足額の分だけ、帳簿の金額はたくさん

残りますので、いずれ落とすことになります

耐用年数より償却が遅くなります


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

年金の支給漏れの時効が5年でしたが

この時効がなくなり、さかのぼって

もらえることになりました

詳しくは、こちらの法令新着ニュースを

ご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/

" target="_blank">http://www.nakajimajimusyo.jp/  

Posted by 中島事務所 at 11:06会社を作ろう!